【スターバックス】アメリカと日本の違い!

スタバ カリフォルニアアドベンチャーレストラン

アナハイムディズニーのパーク内に2箇所、ダウンタウンディズニーに2箇所あるスターバックス!

実は同じスタバでもアメリカと日本で違うところがいくつかあります!

馴染みのあるスタバでも国によって違うので少し戸惑うことはあるかもしれませんが、スムーズにオーダーするためにもぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

【スターバックス】アメリカと日本の違い!

メニューが違う!

スターバックス スタバ ディズニー  ディズニーランド

同じスタバでも国によってあるものとないものが結構あります!

  • マンゴーパッションティーフラペチーノ
  • エスプレッソアフォガードフラペチーノ
  • ゆずシトラスティー

など日本の定番メニューはアメリカのスタバにはありません!!!

 

  • チャイフラペチーノ
  • ストロベリーアサイー
  • ピンクドリンク

などは逆に日本になくて、アメリカの定番メニューです!

 

なので、日本でよくオーダーする定番メニューもアメリカのスタバにはない可能性があるのでご注意ください!!!

メニューについて詳しくは⇨【スタバ】 カリフォルニアディズニー内にもあるスタバのドリンクメニュー!

オーダー時に名前を言う!

日本のスタバでは、オーダーして、出来上がった時に商品名が言われて、受け取る時にレシートを見せます。

ですが、アメリカではオーダーするときに名前を聞かれます!

名前を聞かれたらカップに書かれて、出来上がった時に名前を呼ばれるので取りに行くだけ!

レシートを見せる必要もありません!!

忙しいスタバでは、出来上がったものを名前を一度呼んでそのままテーブルに置いていく形式なので、もし聞こえなくても「自分のドリンクっぽいなー」と思ったら、カップの名前を見て確認することもできます!

ショートサイズはない!

スターバックス スタバ ディズニー  ディズニーランド

日本では一番小さいサイズはショートですが、アメリカのスタバにショートサイズを置いているところはほとんどありません!!!

アメリカのスタバの一般的な一番小さいサイズはトールなので、「ショートサイズ」と言ってもわかってもらえないところもあります!

なので、基本一番小さいサイズはトールと考えておいた方がいいかも!

ベンティーのサイズが違う!

スタバ カリフォルニアアドベンチャー

ベンティーのコールドドリンクの量が日本とアメリカで違います!

  • 日本: 590ml
  • アメリカ: 709ml

他のサイズはほぼ同じサイズなのですが、コールドドリンクのベンティーサイズだけ量が違ってアメリカの方が約110ml多い!

さらにアメリカではお店によってもっと大きいトレンタサイズ(916ml)のサイズを置いているところもあります!

ゴールドカードだとコーヒーのおかわり自由!

パーク内のスタバではできないのですが、その他のスタバだとゴールドカードの人はホットコーヒーとアイスコーヒーのおかわりは自由!

(フラペチーノやラテなどは除く)

ゴールドカードとはスタバの会員カードでスタバに多く通ってスター(ポイント)を貯めるとゴールドカード会員になれます!

もし長期でアメリカに滞在して、スタバにも頻繁にいく方はスタバの登録をしてからスタバカードでコツコツ貯めてゴールドカードになるとお得かも!

スポンサーリンク

【スターバックス】アメリカと日本の違い!まとめ

  • メニューが違う!
    日本にあるメニューもアメリカにはない場合があります!
  • オーダー時に名前を言う!
    出来上がったら名前で呼ばれるので、レシートを見せる必要なし!
  • ショートサイズはない!
    アメリカの一番小さいサイズは「トール」
  • ベンティーのサイズが違う!
    コールドドリンクのベンティーは日本より110ml多い!
  • ゴールドカードだとコーヒーのおかわり自由!
    長期滞在してスタバによく行く方はスタバカードに登録するとお得!

コメント